SAGANJ | CONCEPT
16928
page,page-id-16928,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

CONCEPT

sakiori_Outline
japanese
裂き織りは、いつかの誰かが袖を通した着物たちを
現代に生きる人間が再び織り直し次の時代へとつなげていく織物です。
さまざまな時代が交錯した裂き織りを見つめていると
自分の中に新たな時代が広がっていくような気持ちになる・・・
古い着物が教えてくれる歴史や思い出を感じつつ
新たな記憶やひらめきを重ねることができる裂き織りが私は大好きです。
だいなみっく裂織 平澤 朋子
english

Sakiori is a type of a weaving which enables old kimonos from past generations to be appreciated by present and even future generations.

When I look at my work, from which old kimonos from a different age are interlaced with each other to  form a new type of fabric,

I feel  as if I am on a journey to a new era;  encountering something new,   something unexpected.

I love the Sakiori weaving because it inspires me with new and wholly  modern feeling of creativity;

traditional kimonos, reminiscent of a past era, touch me in my world of today.

 

 

Dynamic Sakiori Tomoko Hirasawa

french

Le style de tissage Sakiori permet à des kimonos des temps passés d’être appréciés par les générations présentes et même à venir.

Les anciens kimonos sont lavés avec soin, décousus et métamorphosés par une artiste japonaise contemporain

Quand je considère mes créations issues de kimonos datant de différentes époques entrelacés les uns aux autres pour réaliser

un nouveau tissu, je me sens comme transportée dans le temps; une rencontre de quelque chose d’absolument nouveau,

entièrement imprévisible. J’aime beaucoup le tissage Sakiori  parce qu’il inspire ma créativité d’une manière radicalement moderne.

Les kimonos traditionnels, vestiges d’un temps révolu, me rejoignent dans mon quotidien.

 

Dynamic Sakiori Tomoko Hirasawa

裂織と出逢って
『わたしが広がっていく感覚』
~着物を裂き さまざまな時代を織り合わせた布を手にしたらわたしの時代が広がっていくようでわくわくした~

 

裂き織りを始めてから、よく思うことがあります。
それは、「自分の中で過去と現在と未来はつながってるんだ」ということ。
大正や昭和の着物を裂き、平成の時代に私の手で新たな織布に生まれ変わる着物たち・・・
さまざまな時代が交錯した織布を見つめていると、自分の中に新たな時代が広がっていくような気分になるのです。
生まれてからずっと、「わたし」は「わたし」なんだという、当たり前のことを私は織り上げた布を通し初めて意識しました。
そしてこれから先も「わたし」であり続けるんだなぁと、心がフルフルッと弾むような不思議な気分になったのです。
裂き織りは、いつかの誰かが袖を通した着物たちを、現代に生きる人間が再構築し、次の時代へとつなげていく織物なので、
不変に続く「わたし」という存在の中でのつながりを強く感じさせたのではないでしょうか。
古い着物が教えてくれる歴史や思い出を感じつつ、新たな記憶やひらめきを重ねることができる裂き織りが私は大好きです。